SNSによる精神的影響 ~SNSとうつ~

SNSは初期の頃は若者を中心に使われていましたが、今となっては若者から中高年の人まで年齢に関係なく、またプライベートのみならずビジネスでも広く使われるようになりました。

ちょっとした移動時間や、家でゴロゴロしている時に何気なく見ることが多いSNSですが、SNSによってうつ病やいじめなど精神的に辛い思いをしたという話も結構な頻度で耳にしますが、では実際のところSNSの心理的影響やうつ病との関連はあるのでしょうか。

SNSによる精神的影響

SNSによるうつ病などの精神的影響はあるのかという事ですが、結論から言うとSNSにはうつ病をはじめとした精神的影響はあります。

これは多くの研究結果で証明されています。

アメリカ在住の19〜32歳までの1,787人を対象としたアンケートによる調査を行った結果、SNSの平均利用時間は61分/日で、平均利用回数は30回/週になりました。

この結果よりも重要なことは、細かな分析を行っていくと対象者の1/4以上がうつ病のリスクが高いという結果になり、SNSの利用頻度が高い人は低い人に比べてうつ病になるリスクが2.7倍にのぼりました。

ピッツバーグ医科大 研究チーム

こちらの論文の筆者は「他人のSNSを見ることで、自分よりも幸せな日々を送っているという事実とは異なる認識をしてしまい、羨ましいという感情が生じる」と話しています。

また、10代を対象とした研究ではありますが、以下のようなデータもあります。

6,600人程の12〜15歳のアメリカ人に対して1日にSNSに費やした時間と、それによって生じた精神健康上の問題を自己申告してもらった。

その結果、全ての人の回答が平等になるように、それぞれ過去のうつ病などの精神的問題を考慮して補正したとしても、1日に3時間以上SNSを使用すると精神健康上のリスクが高まることが分かった。

精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー (Psychiatry)」

こちらの筆者は、SNSが10代の若者へ及ぼす影響として、内部(うつ病や不安など)と外部(攻撃的行動、反社会的行動)の2つにはっきりと分かれて、外部にはSNSを使用していない人では存在しなかったとしています。

この結果からSNSには自分自身への精神的健康への影響と、社会のせいだとか誰々が悪いといった外に向けての攻撃性に繋がる要因がありそうですね。

上記の論文の他にも、facebookの利用増加が社会的比較をする要因となり、うつ病との深い関連性に繋がるというものもあります。

社会的比較とは

人は自分のことをより客観的に知りたいと思うばかりに、容姿や能力などを他人と比べる行動を取ります。

自分が他人と比較して劣っているのか、優れているのかなどを評価しています。また、安心や精神回復をするために自分に自信がないときは自分より劣っている人と自分を比較します。反対に自信があるときは自分より優れた人と比較をして、それを成功例として参考にしてくことをします。

そのことにより、自分の精神状態を一定に保つようにします。

社会的比較をすることで本来は自分の精神状態を安定させるはずなのに、SNSを見て他人の幸福や充実してそうな情報が目に入ると、羨ましくなったり嫉妬したりと歪んだ感情が起こってメンタルに悪影響が出ます。

研究に対する反論もある

これらの研究結果を見ればSNSによるうつ病や不安感などの精神的な悪影響があると思いますが、これらの結果と精神状態には影響がないと言う研究者もいます。

例えばカリフォルニア大学アーバイン校によると、テクノロジーと精神的健康との間に関連性はないと言っています。

また、SNSと精神的問題の論文を書いた研究者自身も、研究方法にもばらつきがあり正確性に欠けるとも指摘しています。

ただし、テクノロジーとSNSはまた別物であり、研究方法についてもばらつきはあるもののSNSによって精神的に問題を抱える人が実際に多いという観点から、SNSが精神的・心理的に及ぼす影響はあるでしょう。

まとめ

SNSとうつ病や不安感などの心理的、精神的影響について多くの論文の中から抜粋してご紹介しましたが、このような研究結果を見ていかがでしょうか。

SNSはオンラインでも人と繋がれて、いつでもどこでもコミュニケーションが取れて便利な一方、自分と他人を比較する社会的比較という現象も起こりやすいために歪んだ感情になってしまい結果的に精神健康が悪くなってしまうという面もあります。

もしSNSを見るたびに精神的にマイナスになることが多いようであれば、SNSの通知をオフにしたり、一番閲覧できない所へアプリを動かすなどしてなるべく閲覧する時間や回数を減らす工夫から始めてみてはどうでしょうか。

関連記事

  1. 月経困難症について

  2. 乳糖不耐症 ~牛乳でお腹を壊すのはなぜか~

  3. カンジダ症とは ~慢性的な症状の原因になりうる~

  4. ストレスを受けた時に脳内で起きていること

  5. メラトニンと睡眠

  6. 体温を上げる3つの方法

PAGE TOP